プロフィール

snowwhite

Author:snowwhite
訪問、ありがとうございます。
ここでは奈良で食べたもの、見たもの、遊んだことなどを書いていきたいと思います。
わたしのメインブログは三十路女の日々是生活 in 奈良になりますが、そこに書ききれないことも多々あります♪
それらをこっちで書いていきたいと思います。
どうぞよろしくね

☆奈良で遊ぶ時は?☆

snowwhiteが参考にするHPです♪

奈良県公式ホームページ

奈良県観光情報 大和路アーカイブ

奈良県観光情報

奈良新聞

奈良国立博物館

奈良文化財研究所

奈良県立橿原考古学研究所付属博物館



snowwhiteが愛した奈良のお寺

長谷寺牡丹が有名です♪

室生寺国宝を山ほど持っています。

安倍文殊院安倍晴明に連なり、学問の神様♪

當麻寺當麻曼荼羅が有名。

薬師寺

唐招提寺

東大寺

正暦寺錦の里。本当に美しい。

長岳寺山門のつつじ、池にはえるかきつばた。やや荒れた風情がお気に入り。

秋篠寺苔と伎芸天(重文)にうっとりと。

不退寺色好みで名高い在原業平ゆかりのお寺。聖観音(重文)のたおやかさにうっとり。

法華寺

般若寺コスモスの時期以外は人が少なく、落ち着きます♪

不退寺色好みで名高い在原業平ゆかりのお寺。聖観音(重文)のたおやかさにうっとり。

久米寺紫陽花が有名。

法隆寺聖徳太子ゆかりのお寺。皆様、もちろん、ご存知ですよね〜



snowwhiteが愛した奈良の神社

春日大社今なお、緑深く、幻想的な場所。

大神神社日本最古の神社。パワースポットとしても有名。

談山神社蹴鞠が有名ですね。鄙びた山奥に佇むお神社。



snowwhiteが愛した奈良のココ!

依水園海外の人に人気。若草山を借景とした庭は必見の価値あり。


検索フォーム

奈良で食う、見る、そして、遊んだ日々を綴ります。たまに温泉情報、お隣の三重県・京都府情報もあるかも!? 基本的にはsnowwhiteの食べ歩きブログですね〜(汗)

手打そば&カフェ まほろば 〜奈良県桜井市


さて、先日、赤目から帰る途中に発見をしたお店
豚ばーめんというノボリが気になって吸い寄せられてしまったのです(汗)
外観はなんか普通の民家を無理やり店舗にした感じ…

まほろば_外観

手作り感があふれています
ドアも普通の玄関
よそ様の家を訪問する感覚になります(汗)

もともとは着物を扱うお店を経営されていたとのこと
常連さんだけにご主人がそばを振舞っていたのですが、あまりの美味しさに評判が評判を呼び、つい店舗開設になったようです(1週間前の記憶なのであやふやなのですが…)
で、肝心のお蕎麦の味

まほろば_月見とろろと豚ばーめん

snowwhiteは向かって左の月見とろろそば
右は彼が食べた豚ばーめん
率直な感想として…美味しかったです!!!!!


お蕎麦はあんまり食べないので単純に比較はできないのですが、
細い麺と出汁の絡み具合が絶妙
細い麺は非常に素朴な感じで、ほんま、舌に蕎麦の感覚が残ります
それでいて喉越しのさわやかなこと!
個人的には彼が食べた豚ばーめんが気に入りました!
これ、ヒットですよ〜
次はこの豚なしバージョンで食べよう!と密かに誓ったsnowwhiteなのでしたw

まほろば_手挽きそば

こっちは友人が食した一日10色限定の手挽きそば
うーん、いいね〜
自分で山葵をするところもいい
また、その香りもいい
つるつる〜といけてしまうぞ!

まほろば_店内

店内も普通の民家っぽい
人がいなくて落ち着きました〜
まだあんまり宣伝をしていない様子
一度、訪問をオススメします!

まほろば_メニュー


【手打ちそば まほろば】
奈良県桜井市脇本735−13
0744-44-2269
11:30〜14:30 17:00〜19:30
定休日 火曜日

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)
Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

ランキングに参加しました。
この記事が参考になりましたらポチッと押してくださいね。

 

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

top>>

この記事のトラックバックURL

手打そば&カフェ まほろば

地元にあるのに、つい最近まで知らなかったお店です。豚ばーめん@980円。豚角煮入りの五目そばとの設定です。なんだか初カテゴリーの感じ。まずそばですが・・・好きな感じ!細くてボソボソっとした蕎麦らしい食感(papin的には、そばにコシを全く求めていない)。まさにそばらしい頼りない食べ応えが好きです。具には、豚角煮ともやしと水菜、底のほうに大根のいちょう切りが一個・・・もやしは、シャキシャキというよりも、ニュキニュキといった重たい食べ応え、そして水菜はシャキシャキ。それぞれ食感の違いの演出でしょうか?正直、

大和は国のまほろば 別館

【2008/12/02 20:07】

-

管理人の承認後に表示されます

【2009/01/10 00:10】
top>>